BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
アスパラギン酸 [2018/07/21 18:41]
BioWiki Admin [アスパラギン酸]
アスパラギン酸 [2020/01/13 12:09] (現在)
BioWiki Admin
ライン 4: ライン 4:
 非必須アミノ酸の一つで、多くはL型で存在する。動物や植物に存在し、特にサトウキビやテンサイに多く含まれる。神経伝達物質としても働く。 非必須アミノ酸の一つで、多くはL型で存在する。動物や植物に存在し、特にサトウキビやテンサイに多く含まれる。神経伝達物質としても働く。
  
 +<WRAP left>
 ^Name| L-Aspartic acid(((2S)-2-aminobutanedioic acid)) | ^Name| L-Aspartic acid(((2S)-2-aminobutanedioic acid)) |
 ^CAS No.|56-84-8| ^CAS No.|56-84-8|
ライン 14: ライン 14:
 ^pK<​sub>​2</​sub>​(25℃)|9.90| ^pK<​sub>​2</​sub>​(25℃)|9.90|
 ^pK<​sub>​R</​sub>​(25℃)|3.90| ^pK<​sub>​R</​sub>​(25℃)|3.90|
-|{{pubchem>​large:​5960}}||+</​WRAP>​ 
 +<WRAP left> 
 +{{pubchem>​large:​5960}} 
 +</​WRAP>​ 
 +<WRAP clear/>
  
 ======リンク====== ======リンク======
ライン 24: ライン 28:
   *[[:​en:​Aspartic acid]]   *[[:​en:​Aspartic acid]]
  
- +{{tag>​アミノ酸 非必須アミノ酸 酸性アミノ酸 化学構造}}
- +
-{{tag>​アミノ酸 非必須アミノ酸 酸性アミノ酸 化学構造 ​JMol}}+