ユーザ用ツール

サイト用ツール


アドレナリンレセプター

アドレナリンレセプター

私たちの体には、ウィルスやバクテリアの侵入後に働く防御機構だけでなく、危険を回避する本能的な機構も備えている。この機構のひとつが、エピネフリン(アドレナリン)ホルモンの分泌である。本能的に危険を感じた場合に、副腎から体全体にエピネフリンが分泌され、「危険だ」というメッセージを各組織が受け取る。エピネフリンの濃度の増加を細胞内へ伝えるのが、このアドレナリンレセプターである。

このレセプターは、7回膜貫通型のタンパク質ファミリーであるGPCR (Gタンパク質共役レセプター, G-protein-coupled receptor)に属していて、結合シグナルをGタンパク質を介して細胞内に伝える。

PDB image
2RH1 - Membrane Protein HYDROLASE
High Resolution Crystal Structure Of Human B2-Adrenergic G Protein- Coupled Receptor
リガンド:12P|ACM|BU1|CAU|CLR|MAL|PLM|SO4

Links

アドレナリンレセプター.txt · 最終更新: 2013/06/09 18:07 (外部編集)

特に明示されていない限り、本Wikiの内容は次のライセンスに従います: CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International