BioWiki

アビジン

卵白に少量含まれるタンパク質で、補酵素であるビオチンをほぼ不可逆的に強く結合する。

アビジンは塩基性タンパク質で4量体を形成するが、ストレプトアビジンは中性タンパク質であり単量体で存在する。そのため、タンパク質のラベル化や修飾にはストレプトアビジンを使うことが多い。

PDB

PDB image
1AVD - Biotin-Binding Protein
Three-Dimensional Structure Of The Tetragonal Crystal Form Of Egg- White Avidin In Its Functional Complex With Biotin At 2.7 Angstroms Resolution
リガンド:BTN|NAG