BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
アビジン [2018/09/25 23:57]
I.Obataya
アビジン [2018/09/25 23:59] (現在)
I.Obataya
ライン 1: ライン 1:
 ====== アビジン ====== ====== アビジン ======
 卵白に少量含まれるタンパク質で、補酵素である[[ビオチン]]をほぼ不可逆的に強く結合する。 卵白に少量含まれるタンパク質で、補酵素である[[ビオチン]]をほぼ不可逆的に強く結合する。
 +
 +
 +アビジンは塩基性タンパク質で4量体を形成するが、ストレプトアビジンは中性タンパク質であり単量体で存在する。そのため、タンパク質のラベル化や修飾にはストレプトアビジンを使うことが多い。