BioWiki

アンピシリン

細胞壁合成を阻害する抗生物質。ペニシリンから半合成され、広い範囲の抗菌スペクトルを示す。

Name Ampicillin
MeSH 68000667
Molecular Weight 349.406 g/mol
Molecular Formula C16H19N3O4S

PubChem image 6249

耐性遺伝子

調製法

  1. アンピシリンナトリウム塩5gをH2Oあるいは20%EtOH aq.1)に溶解し、50mLに。
  2. フィルター滅菌し、1mlずつバイアルに分注し、-20°Cで保存。
  3. 使用する時に、培養液1Lに対して1mL (1バイアル)を加える。
ストック濃度使用濃度
100mg/mL100µg/mL

References

  1. The phototrophic bacterium Rhodopseudomonas capsulata sp108 encodes an indigenous class A beta-lactamase.
    Campbell JI, Scahill S, Gibson T, Ambler RP
    Biochem J260p803-12(1989 Jun 15)
  2. The active-site-serine penicillin-recognizing enzymes as members of the Streptomyces R61 DD-peptidase family.
    Joris B, Ghuysen JM, Dive G, Renard A, Dideberg O, Charlier P, Frère JM, Kelly JA, Boyington JC, Moews PC
    Biochem J250p313-24(1988 Mar 1)
1)
エタノールによって、凍ったバイアルの溶解に時間がかからない