BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

アンフォテリシン [2013/01/31 05:38] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======アンフォテリシン======
 +南米ベネゼエラのオリノコ河の土壌から得られた//​[[taxonomy>​40318|Streptomyces nodosus]]//​が生産するマクロライド抗菌・抗生物質。真菌の[[エルゴステロール]]に結合し、細胞膜にポアを形成させる。実際に死に至らせる原因はいくつかあるようである。
 +
 +
 +※一般的に「マクロライド系」と呼ばれる抗生物質は、タンパク質合成阻害。⇒エリスロマイシンなど。
 +
 +{{pubchem>​l_template:​5280965|Amphotericin B,​Fungizone}}
 +
 +
 +{{tag>​化学構造 抗生物質}}