BioWiki

イソロイシン

Isoleucine, Ile, I

分岐した疎水性側鎖を持つ必須アミノ酸。ロイシンと組成が同一な構造異性体(isomer)。イソロイシンは、側鎖がβ炭素で分岐しているため、側鎖が主鎖と近接して自由度が低い。そのため、二次構造形成傾向がロイシンとは大きく異なる。(ロイシンとイソロイシンの比較)細胞内では、2-オキソ酪酸から生合成される。

多くのタンパク質に存在する脂溶性分岐側鎖をもつ必須アミノ酸。ロイシンの構造異性体であり、ヘモグロビンの合成や血糖や代謝レベルの制御に重要である。(MeSH)

Name L-Isoleucine 1)
CAS No.73-32-5
MeSH 68007532
Molecular Formula C6H13NO2
Molecular Weight 131.173
pK1(25℃)2.32
pK2(25℃)9.76
呈味苦味
PubChem image 6306

<jmol ile.pdb.gz 150 150></jmol>

リンク

1)
(2S,3S)-2-amino-3-methyl-pentanoic acid