BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

カタラーゼ [2013/06/09 09:08] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======カタラーゼ======
 +細胞内での電子伝達の過程で、うっかり酸素が電子を受け取ってしまうと、酸素ラジカルや過酸化水素が生成される。これらの分子は他の分子と反応してしまうため、細胞内では危険な分子である。
 +
 +酸素ラジカルを過酸化水素に変換するのが[[スーパーオキシドジムスターゼ]](SOD)であり、さらに、過酸化水素を水と酸素に変換するのがカタラーゼである。
 +
 +^    SODとスーパーオキシドの反応 ​      ​| ​ <​chem>​2H+</​chem>​ + <​chem>​O2|-</​chem>​ -> <​chem>​H2O2</​chem> ​ |
 +^  カタラーゼと過酸化水素の反応 ​ |  <​chem>​2H2O2</​chem>​ -> <​chem>​2H2O</​chem>​ + <​chem>​O2</​chem> ​ |
 +
 +
 +カタラーゼは、最もK//​cat//​が高い酵素としても知られている。
 +
 +{{pdb>​fullSmall:​8cat}}
 +
 +
 +======Links======
 +
 +  *[[今月の分子2004]]
 +  *[[mom>​57|Catalase]]
 +
 +
 +{{tag>​細胞内 酵素 ラジカル}}