BioWiki

カナマイシン

リボソーム30sサブユニットに結合し、タンパク質の合成を阻害する抗生物質。日本の土壌中のStreptomyces kanamyceticusが生産する複合抗生物質。カナマイシンAのほかに、少量のカナマイシンB,カナマイシンCが構成成分。

NameKanamycin1)
MeSH 68007612
Molecular Weight 484.499 g/mol
Molecular Formula C18H36N4O11

カナマイシンA

PubChem image 6032

耐性遺伝子

ストック調製法

  1. カナマイシン硫酸塩5gをH2Oあるいは20%EtOH aq.2)に溶解し、50mLに。
  2. フィルター滅菌し、1mlずつバイアルに分注し、-20°Cで保存。
  3. 使用する時に、培養液1Lに対して1mL (1バイアル)を加える。
ストック濃度使用濃度
100mg/mL100µg/mL

リンク

1)
(2R,3S,4S,5R,6R)-2-(aminomethyl)-6-[(1R,2R,3S,4R,6S)-4,6-diamino-3-[(2S,3R, 4S,5S,6R)-4-amino-3,5-dihydroxy-6-(hydroxymethyl)oxan-2-yl]oxy-2-hydroxycyc lohexyl]oxyoxane-3,4,5-triol
2)
エタノールによって、凍ったバイアルの溶解に時間がかからない