BioWiki

カフェイン

天然に存在するメチルキサンチンで、飲料や医薬品に含まれる。カフェインのもっとも顕著な効果は中枢神経系への刺激で、覚醒・興奮作用を示す。また、平滑筋の弛緩・心筋の刺激・利尿作用があり、一部の頭痛の治療に便利である。細胞内でのカフェインの作用がいくつか観測されてはいるが、薬学的な性質の効果すべてが明らかになっていない。作用のうちのもっとも重要なものは、サイクリックヌクレオチドフォスフォジエステラーゼの阻害、アデノシン受容体への拮抗作用、細胞内カルシウムの調節である。

Name Caffeine1)
MeSH 68002110
Molecular Weight 194.1906 g/mol
Molecular Formula C8H10N4O2
XLogP -0.5
PubChem image 2519

<jmol caffeine.pdb.gz 200 200>

jmolBr();
jmolRadioGroup([
  "spacefill off",
  "spacefill 20%",
  ["spacefill 95%", null, "checked"]
  ], "<br />");

</jmol>

Wikipedia

1)
1,3,7-trimethylpurine-2,6-dione