BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

カルシウムポンプ [2013/06/09 09:07] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======カルシウムポンプ======
 +筋肉細胞が神経から「収縮しろ」という信号を受け取ると、細胞内の特別な場所に蓄えていたカルシウムを一気に放出する。このカルシウムイオンがアクチン繊維上にあるトロポミオシンに結合し、カルシウムイオンが無くなるまで、運動が続けられる。カルシウムポンプは、放出したカルシウムイオンをATPのエネルギーを使って再吸収する(筋肉を弛緩させる)。
 +
 +{{pdb>​fullSmall:​1su4}}
 +
 +
 +
 +====== References ======
 +
 +{{pubmed>​long:​11389676}}
 +{{pubmed>​long:​9360942}}
 +
 +
 +======Links======
 +
 +  *[[pubmedlsd.rev>​Calcium-Transporting ATPases|カルシウム輸送ATPアーゼ]] - Pubmed x LSD 総説検索
 +  *[[mom>​51|The Calcium Pump]] by D.S. Goodsell
 +
 +
 +{{tag>​タンパク質 膜貫通タンパク質 イオンチャンネル}}