BioWiki

グリシン

Glycine, Gly, G

側鎖がなく、光学異性(L-,D-)もない最も単純なアミノ酸。語源はその甘みから。さまざまな生合成経路で現れ、たとえば、ヘモグロビンの補因子であるポルフィリン環はグリシンとスクシニルCoAから生合成される。

非必須アミノ酸。ゼラチンや絹フィブロインに含まれており、治療用の栄養剤としても用いられる。また、速い神経伝達抑制物質でもある。

Name Glycine1)
MeSH 68005998
CAS No.56-40-6
Molecular Formula C2H5NO2
Molecular Weight 75.067
m.p.240 - 245℃
pK1(25℃)2.35
pK2(25℃)9.78
呈味甘み、うま味
PubChem image 750

リンク

1)
2-aminoacetic acid