BioWiki

コラーゲン

ヒトの体のタンパク質の4分の1はコラーゲンで、「しなやかな構造」自体が機能である。腱と筋肉を補強したり、皮膚と組織を支える。また、骨や歯はコラーゲンに無機結晶を加えて作られる。

3本ヘリックス構造を形成するコラーゲンは、側鎖の小さなアミノ酸、グリシンプロリンから成る。プロリンは翻訳後にヒドロキシプロリンに修飾される。この化学修飾にはアスコルビン酸(ビタミンC)が必要となるため、ビタミンCはコラーゲン形成に必要である。一方、コラーゲンそのものを摂取する必要はない。コラーゲンは他のタンパク質と同じようにアミノ酸に分解されて吸収されるうえ、そもそもグリシンやプロリンは非必須アミノ酸であるからである。

PDB image
1CAG - Collagen
Crystal And Molecular Structure Of A Collagen-Like Peptide At 1.9 Angstrom Resolution
リガンド:ACY
PDB image
1BKV - Structural Protein
Collagen
リガンド:ACY

Links