BioWiki

チラミン

間接的な交感神経刺激薬。チラミンは直接はアドレナリン受容体を活性化しないが、アドレナリン取り込み系とモノアミンオキシダーゼの基質として働き、伝達物質であるアドレナリンの作用を持続させる。また、アドレナリン作用性ニューロンの終端からの伝達物質の放出を引き起こす。チラミンはある無脊椎動物の神経系の伝達物質でもあるようだ。

名前Tyramine,
Uteramine
PubChem image 5610

関連タンパク質

PDB image
3BRA - Hydrolase
Bace-1 Complexed With Compound 1
リガンド:AEF

Links