Action disabled: source

BioWiki

テアフラビン

カテキンが発酵されてできる赤色の色素で、紅茶に含まれる。B環にカテキンが結合し、ダイマーを形成した化学構造をもつ。

PubChem image 114777

Links