BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

ヌクレオソーム [2013/06/09 09:08] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +====== ヌクレオソーム ======
 +核内でDNA二重鎖を折りたたんでいるタンパク質複合体。DNAを物理的、化学的な損傷から守っている。
 +
 +コアヒストンはH2Ax2,​ H2Bx2, H3x2, H4x2の8量体であり、この周りに146塩基((ヌクレアーゼで分解されない長さ))のDNAが巻きつき、ヌクレオソームを形成する。ヌクレオソームあたり200塩基対のDNAが含まれ、粒径は約11nmである。
 +
 +=====PDB entry=====
 +
 +{{pdb>​long:​2PYO}}
 +{{pdb>​long:​1aoi}}
 +
 +
 +**2PYO**\\ ​
 +{{pdb>​medium:​2PYO}}
 +
 +
 +
 +
 +
 +
 +======Links======
 +
 +  *[[今月の分子2000]]
 +  *[[mom>​7|Nucleosome]] - RCSB PDB '​Molecule of the month'
 +
 +
 +
 +{{tag>​核酸 タンパク質 核内タンパク質 PDB}}
 +
 +/*
 +MOM訳
 +
 +分子生物学にとって喜ばしい時ですね((訳注:2000年6月にヒトゲノムのドラフトシーケンスが発表された))。\\ ​
 +1944年にAveryの遺伝物質としてのDNAの発見から始まり、WatsonとCrickによるDNAの原子モデルの提案へと導かれた知識の波は、さらに遺伝コードを決定する実験へと続き、今、ヒトゲノムの最初のドラフトのリリースに到達したのです。この分子の教科書は。何億年という進化を経て書かれ、私たちの命のいろいろな側面に存在するまだ語られていない分子の作用プロセスの本質を教えてくれるでしょう。
 +
 +すべての私たちの細胞(もっと正確に言うと、私たちの細胞のほとんど)は、30億塩基対のDNAとしてコードされたゲノムのコピーを持っています。この情報はとても大事ですから、厳重に守られなければいけません。細胞の中では、DNA鎖に受けた環境による化学的な損傷を訂正する修理酵素群があります。しかし、その繊細な鎖は物理的な損傷からも守らないといけません。それがこのヌクレオソームの仕事です。
 +
 +*/