BioWiki

ヒスチジン

Histidine, His, H

側鎖にイミダゾール基を持つ塩基性アミノ酸。必須アミノ酸。イミダゾール基は酵素反応において基質の中間体を安定化させたり、金属イオンの配位子となって酵素の活性部位で重要な役割を果たすことが多い。ヒスタミンの前駆体である。

Name L-Histidine1)
MeSH 68006639
CAS No.71-00-1
Molecular Weight 155.15456 g/mol
Molecular Formula C6H9N3O2
XLogP -3.4
m.p.282℃
pK1(25℃)1.80
pK2(25℃)9.33
pKR(25℃)6.04
呈味苦味,酸味
PubChem image 6274

<jmol his.pdb.gz 150 150></jmol>

リンク

1)
(2S)-2-amino-3-(3H-imidazol-4-yl)-propanoic acid