BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
ピラニア溶液 [2013/02/14 08:04]
BioWiki Admin
ピラニア溶液 [2013/02/14 08:06] (現在)
BioWiki Admin [調製法]
ライン 8: ライン 8:
 一般的に用いられるピラニア溶液は濃硫酸:30%過酸化水素水を3:1で混合したものである((プロトコルによっては4:1、7:1も))。 一般的に用いられるピラニア溶液は濃硫酸:30%過酸化水素水を3:1で混合したものである((プロトコルによっては4:1、7:1も))。
  
-  * :!: 混合時は過酸化水素水に濃硫酸を静かに加える。溶解時に発熱するため、注意して加えないと突沸するので大変危険である。 +  * 混合時は過酸化水素水に濃硫酸を静かに加える。溶解時に発熱するため、注意して加えないと突沸する ​:!: 
-  * :!: 過酸化水素が自己分解していくため、使用する度に新規に調製する。保存はできない。使用後は希釈中和して廃棄する。 +  * 過酸化水素が自己分解していくため、使用する度に新規に調製する。保存はできない。 
 +  * 使用後の上清や余りは希釈中和するなど、事業所の廃棄手順に必ず従う
  
 {{tag>​酸 酸化剤}} {{tag>​酸 酸化剤}}
  
 {{amazon>​jp:​4897068754}} {{amazon>​jp:​4897068754}}