BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

次のリビジョン
前のリビジョン
プロスタグランジン [2013/06/09 18:08]
127.0.0.1 外部編集
プロスタグランジン [2020/01/13 11:45] (現在)
BioWiki Admin
ライン 3: ライン 3:
  
 =====プロスタグランジン エンドペルオキシド ===== =====プロスタグランジン エンドペルオキシド =====
 +<WRAP left>
 +{{pubchem>​s:​25245222|Prostaglandin H2}}
 +</​WRAP>​
 [[アラキドン酸]]からプロスタグランジン群や[[トロンボキサン]]を生合成する前駆体 これらは生理学的にも活性な化合物で、血管や気道平滑筋、血小板凝集などに影響を与える。もっとも良く見られるのはプロスタグランジンH2である。 [[アラキドン酸]]からプロスタグランジン群や[[トロンボキサン]]を生合成する前駆体 これらは生理学的にも活性な化合物で、血管や気道平滑筋、血小板凝集などに影響を与える。もっとも良く見られるのはプロスタグランジンH2である。
- 
-{{pubchem>​s_template:​25245222|Prostaglandin H2}} 
  
 Prostaglandin H2 - [[アラキドン酸]]から[[シクロオキシゲナーゼ]]による反応で得られる環状エンドペルオキシド中間体で、ここからさらに一連の酵素反応によって2種類のプロスタグランジンへ変換される。(MeSH:​ [[MeSH>​68044262]]) Prostaglandin H2 - [[アラキドン酸]]から[[シクロオキシゲナーゼ]]による反応で得られる環状エンドペルオキシド中間体で、ここからさらに一連の酵素反応によって2種類のプロスタグランジンへ変換される。(MeSH:​ [[MeSH>​68044262]])
  
 +<WRAP clear/>
 ===== プロスタグランジンA ===== ===== プロスタグランジンA =====
  
-{{pubchem>​s_template:​5281912|PGA1}}+{{pubchem>​s:​5281912|PGA1}}
  
-{{pubchem>​s_template:​5280880|PGA2}}+{{pubchem>​s:​5280880|PGA2}}
  
  
  
 ===== プロスタグランジンD ===== ===== プロスタグランジンD =====
-{{pubchem>​s_template:​448457|PGD2}}+{{pubchem>​s:​448457|PGD2}} 
 ===== プロスタグランジンF ===== ===== プロスタグランジンF =====
  
-{{pubchem>​s_template:​5283044|6-Ketoprostaglandin F1 alpha}}+{{pubchem>​s:​5283044|6-Ketoprostaglandin F1 alpha}}
 Epoprostenol(プロスタグランジンI)の加水分解物 Epoprostenol(プロスタグランジンI)の加水分解物
  
 ===== プロスタグランジンI ===== ===== プロスタグランジンI =====
-{{pubchem>​s_template:​5280427|prostaglandin I2,​Epoprostenol,​PGI2}}+{{pubchem>​s:​5280427|prostaglandin I2,​Epoprostenol,​PGI2}}