BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

ペニシリン [2013/06/09 09:08] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +====== ペニシリン ======
 +=====Penicillin G=====
 +ペニシリンの誘導体で、感染症の治療にはナトリウム塩かカリウム塩のものが用いられる。グラム陽性菌の多くとグラム陰性球菌に効果がある。γアミノブチル酸(GABA)が媒体となるシナプス間伝達に対する効果があるため、経験的にけいれん薬としても用いられてきた。
 +
 +/*
 +Penicillin G 68010400
 +A penicillin derivative commonly used in the form of its sodium or potassium salts in the treatment of a variety of infections. It is effective against most gram-positive bacteria and against gram-negative cocci. It has also been used as an experimental convulsant because of its actions on GAMMA-AMINOBUTYRIC ACID mediated synaptic transmission.
 +*/
 +
 +1928年、フレミングはPenicilliumカビがバクテリア感染を回避することを発見した。その後の研究で、このカビがペニシリンを生産して培地を覆い、バクテリアを殺していることが分かった。
 +
 +
 +^Name| penicillin G |
 +^ |Benzylpenicillin|
 +^MeSH| [[MeSH>​68010400]] |
 +^Molecular Weight| 334.39012 g/mol |
 +^Molecular Formula| <​chem>​C16H18N2O4S</​chem>​ |
 +^XLogP| 1.5 |
 +
 +
 +{{pubchem>​large:​5904}}
 +
 +
 +=====Penicillin V=====
 +広い効果範囲をもつペニシリンで、グラム陽性菌による感染に対する穏和な治療の際に経口投与される。
 +/*
 +Penicillin V 10404
 +A broad-spectrum penicillin antibiotic used orally in the treatment of mild to moderate infections by susceptible gram-positive organisms.
 +*/
 +
 +^Name| Penicillin V |
 +^ |Beromycin|
 +^MeSH| [[MeSH>​10404]] |
 +^Molecular Weight| 350.38952 g/mol |
 +^Molecular Formula| <​chem>​C16H18N2O5S</​chem>​ |
 +^XLogP| 1.4 |
 +
 +
 +{{pubchem>​large:​6869}}
 +
 +
 +
 +=====耐性遺伝子=====
 +  *[[ラクタマーゼ]]
 +  *[[interpro>​IPR001466]] - Interproエントリ(タンパク質ファミリー)
 +
 +======リンク======
 +
 +  *[[抗生物質]]
 +  *[[ストレプトマイシン]]
 +  *[[ペニシリン結合タンパク質]]
 +  *[[:​en:​Penicillin]]
 +
 +
 +======Wikipedia======
 +{{wp>​ja:​ペニシリン}}
 +
 +{{tag>​抗生物質 化学構造}}