BioWiki

マゴットセラピー

マゴットセラピー(ウジ壊死切除治療(MDT)、 幼虫治療(larval therapy, larvae therapy)として知られる)は、壊死組織だけを選択的に切除(掃除)させるために、わざと無菌のウジをヒトや動物の皮膚や柔らかい組織へ導入する生物学的治療法(バイオセラピー)である。

Wikipedia

リンク