BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

次のリビジョン
前のリビジョン
リン酸バッファー [2013/01/31 05:38]
127.0.0.1 外部編集
リン酸バッファー [2016/07/10 03:40]
I.Obataya [リン酸バッファー]
ライン 1: ライン 1:
 ======リン酸バッファー====== ======リン酸バッファー======
-リン酸バッファーは、カラムクロマトグラフィーや洗浄液などによく用いられる。ただ、酸性側のpHで緩衝能力が落ちることや、酵素の構造や機能に影響を与える場合もあるため、生化学的なアッセイにはあまり用いられない。__多くの場合、[[緩衝液|Goodバッファー]]で代替できる。__+リン酸バッファー(リン酸緩衝液)は、カラムクロマトグラフィーや洗浄液などによく用いられる。ただ、酸性側のpHで緩衝能力が落ちることや、酵素の構造や機能に影響を与える場合もあるため、生化学的なアッセイにはあまり用いられない。__多くの場合、[[緩衝液|Goodバッファー]]で代替できる。__
  
-=====調製法===== +{{amazon>​jp:​4897068754}} 
-====Sørensenの0.1Mバッファー==== + 
-<float flask>+======調製法====== 
 +=====Sørensenの0.1Mバッファー==== 
 +{{icon>flask}}
 Sørensenの方法で種々のpHのバッファーを調整できる。pH 7以下の緩衝能力が低い。 Sørensenの方法で種々のpHのバッファーを調整できる。pH 7以下の緩衝能力が低い。
-</​float>​ +
-<​clear/>​+
   *Sørensen, S.P.L.: Biochem Z. 21, 131 (1909) and Biochem. Z. 22, 352 (1909)   *Sørensen, S.P.L.: Biochem Z. 21, 131 (1909) and Biochem. Z. 22, 352 (1909)
   *Gomori, G.: Methods Enzymol. Vol. 1, 138 (1955)   *Gomori, G.: Methods Enzymol. Vol. 1, 138 (1955)
ライン 19: ライン 20:
 ^B (ml)|8.0|12.3|18.5|31.5|37.5|43.5|49.0|55.0|61.0|67.0|72.0|77.0|81.0|84.0|91.5|94.7| ^B (ml)|8.0|12.3|18.5|31.5|37.5|43.5|49.0|55.0|61.0|67.0|72.0|77.0|81.0|84.0|91.5|94.7|
 ======リンク====== ======リンク======
-<float icon(compass)>​ 
   *[[緩衝液]]   *[[緩衝液]]
-</​float>​ 
  
 {{tag>​バッファー 調製法 実験プロトコル}} {{tag>​バッファー 調製法 実験プロトコル}}