ユーザ用ツール

サイト用ツール


制限酵素

制限酵素

バクテリア(細菌)は、常にバクテリオファージ(バクテリオファージφX174など)の攻撃にさらされている。それらから身を守るために、バクテリアの多くの種は外から入ってきたDNAを切ることでバクテリオファージを攻撃する方法を編み出してきた。

これらのバクテリアはエンドヌクレアーゼ(DNAを切る酵素)を作る。その酵素はバクテリアの細胞質に滞留し、バクテリオファージDNA切断する。エンドヌクレアーゼが「制限酵素」と呼ばれるのは、バクテリオファージの感染を「制限」するからである。

PDB image
1RVA - HydrolaseDNA
Mg2+ Binding To The Active Site Of Eco Rv Endonuclease: A Crystallographic Study Of Complexes With Substrate And Product Dna At 2 Angstroms Resolution
PDB image
1RVC - HydrolaseDNA
Mg2+ Binding To The Active Site Of Eco Rv Endonuclease: A Crystallographic Study Of Complexes With Substrate And Product Dna At 2 Angstroms Resolution
リガンド:MG

リンク

制限酵素.txt · 最終更新: 2014/06/17 08:21 by BioWiki Admin

特に明示されていない限り、本Wikiの内容は次のライセンスに従います: CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International