BioWiki

塩化スキサメトニウム

(スクシニルコリン) 4級アミンをもつ筋弛緩剤で、通常、臭素化物、塩化物、ヨウ素化物として存在する。これは、脱分極弛緩剤で、約30秒で作用し、平均3~5分の持続時間がある。スクシニルコリンは、短時間の筋弛緩が必要な外科的、麻酔、あるいはその他の処置に用いられる。(MeSH)

名前Succine,Suxamethonium chloride
PubChem image 656867

リンク