BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

多剤耐性トランスポーター [2013/06/09 09:07] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======多剤耐性トランスポーター======
 +バクテリアが抗生物質に耐性をもつのは、次のような機構があるからである。
 +  -抗生物質を特異的に失活させる酵素をもっている。
 +  -抗生物質らしき物質を細胞外に排出する。
 +
 +前者は、抗生物質を特異的に失活させる反応する[[ラクタマーゼ]]のような酵素である。多剤耐性トランスポーターは後者にあたり、種々の薬剤を細胞外に排出する膜貫通タンパク質である。似た構造の物質を排出できるのが特徴である。
 +
 +このようなトランスポーターはバクテリアに限らずヒトにも存在し、P-糖タンパク質はヒトの多剤耐性トランスポーターとして脳脊髄、睾丸、胎児、骨髄を毒性の高い化学物質から守っている。
 +
 +{{pdb>​fullSmall:​2onj}}
 +{{pdb>​fullSmall:​2gfp}}
 +{{pdb>​fullSmall:​1iwg}}
 +{{pdb>​fullSmall:​1ek9}}
 +{{pdb>​fullSmall:​2f1m}}
 +
 +======References======
 +
 +{{pubmed>​long:​17429392}}
 +{{pubmed>​long:​17095241}}P-糖タンパク質
 +
 +======Links======
 +
 +  *
 +
 +
 +{{tag>​膜貫通タンパク質 抗生物質 ATP}}