BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

桂皮酸 [2013/06/09 09:07] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======桂皮酸======
 +
 +
 +{{pubchem>​l_template:​444539|Cinnamic acid,<​br/>​Trans-cinnamic acid,<​br/>​Zimtsaeure}}
 +
 +=====代謝=====
 +[[biosystems>​419|フェニルプロパノイド生合成]] (Phenylpropanoid biosynthesis)
 +
 +フェニルプロパノイドは、植物においてフェニルアラニンから生成される二次代謝物で、構造的あるいはシグナル性の分子として幅広い機能を持っている。フェニルアラニンはまず脱アミノ化によって桂皮酸に変換される。この桂皮酸が水酸化、メチル化されることによってクマリン酸などフェニルプロパン構造(C6-C3)を持つさまざまな酸が生成される。これらの酸のカルボン酸がCoAによって活性化された後に還元されると、アルデヒドやアルコールとなる。このようなアルコールはモノリグノールと呼ばれ、リグニン生合成の出発物質となる。
 +
 +/*
 +Phenylpropanoids are a group of plant secondary metabolites derived from phenylalanine and having a wide variety of functions both as structural and signaling molecules. Phenylalanine is first converted to cinnamic acid by deamination. It is followed by hydroxylation and frequent methylation to generate coumaric acid and other acids with a phenylpropane (C6-C3) unit. Reduction of the CoA-activated carboxyl groups of these acids results in the corresponding aldehydes and alcohols. The alcohols are called monolignols,​ the starting compounds for biosynthesis of lignin.
 +*/
 +
 +=====関連するタンパク質=====
 +{{pdb>​fullsmall:​1T6J}}
 +{{pdb>​fullsmall:​1BE8}}
 +{{pdb>​fullsmall:​2O78}}
 +======Links======
 +
 +  *[[フェニルアラニン]]
 +  *[[:​en:​Cinnamic acid]]
 +
 +
 +{{tag>​カルボン酸,​環状化合物 アミノ酸 植物}}