BioWiki

相関関数

「気温が高いとこの商品が売れる」とか、「pHが高いと活性が低い」といった関係を相関関係と言う。このような相関関係を定量的に数字で表すことができるのが相関関数である。

相関関数で得られる相関係数は、-1から1の間の値をとり、その値が大きさによって相関関係の強さを知ることが出来る。

0 - 0.2ほとんど相関がない
0.2 - 0.4やや相関がある
0.4 - 0.7かなり相関がある
0.7 - 1.0強い相関がある

相関係数 r

<m> r~=~sum{i=1}{N}{(x_i-m_x) * (y_i-m_y)} / sqrt(sum{i=1}{N}{(x_i-m_x)^2}*sum{i=1}{N}{(y_i-m_y)^2}) </m>

(mx, my:平均値)

Excelでは、A1からA50にXの列、B1からB50にYの列があるとすると、CORREL(A1:A50,B1:B50)で計算できる。

リンク