BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

hepes [2013/06/09 09:07] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======HEPES======
 +生化学実験に適した対イオン[[緩衝液]]。
 +
 +^Name| HEPES((2-[4-(2-Hydroxyethyl)-1-piperazinyl] ethanesulfonic acid)) |
 +^Molecular Formula| <​chem>​C8H18N2O4S</​chem>​ |
 +^Molecular Weight| 238.306|
 +^[[CAS番号|CAS No.]]| 7365-45-9 |
 +^pKa(25ºC)|7.48|
 +
 +{{pubchem>​large:​23831}}
 +
 +=====調製法=====
 +
 +====1M HEPES-KOH====
 +
 +  -800 mlの<​chem>​H2O</​chem>​にHEPES 238.3 g を溶解
 +  -KOHでpHを調節
 +  -<​chem>​H2O</​chem>​で1Lにメスアップ
 +  -必要ならオートクレーブ
 +
 +
 +{{tag>​バッファー 調製法 実験プロトコル}}