BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

s-アデノシルメチオニン [2013/01/31 05:38] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======S-アデノシルメチオニン======
 +生理学的なメチルラジカルの供与化合物で、酵素によるメチル転移反応に関わり、すべての生物組織の中に存在する。抗炎症作用があり、慢性的な肝疾患の治療に使われてきた。
 +
 +/*
 +Physiologic methyl radical donor involved in enzymatic transmethylation reactions and present in all living organisms. It possesses anti-inflammatory activity and has been used in treatment of chronic liver disease. (From Merck, 11th ed)
 +*/
 +
 +{{pubchem>​l_template:​34756|S-adenosyl-L-methionine,​ SAMe}}
 +
 +{{tag>​アミノ酸 化学構造 ラジカル}}