BioWiki

T細胞受容体

T細胞受容体 (TCR)は、T細胞1)の表面に存在するレセプター。その多くはα鎖とβ鎖からなる。TCRはMHC分子に結合したウィルスのペプチド断片などの抗原を認識し、TCRがMHC分子と結合するとT細胞は活性化され、細胞障害性の細胞やヘルパー細胞へと変化する。

TCRの遺伝子は免疫グロブリンと同じ機構でランダムに再構築されるが、細胞障害性のT細胞が正常な細胞を殺してしまわないように、胸腺の中で適切な受容体が発現されているT細胞だけが選別される。

PDB image
1TCR - Receptor
Murine T-Cell Antigen Receptor 2c Clone
リガンド:BMA|FUC|NAG|SO4

Link

1)
T-cell, Tは thymus/胸腺 の頭文字