BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

t4_dnaポリメラーゼ [2013/06/09 09:08] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======T4 DNAポリメラーゼ======
 +鋳型ssDNAとプライマーssDNAの存在下、プライマーの3'​ヒドロキシル基に相補鎖を合成する(5'​->​3'​合成活性)ポリメラーゼ。同時にssDNA特異的な3'​->​5'​エキソヌクレアーゼ活性を持っている。DNAフラグメントの[[末端の平滑化]]に用いられる。
 +
 +
 +
 +=====反応=====
 +
 +^3'​->​5'​分解活性^5'​->​3'​合成活性^
 +|{{bio:​nuclease_activity_35.png|ヌクレアーゼ活性}}|{{{{bio:​polymerase_activity_53.png|ポリメラーゼ活性}}|
 +
 +遺伝子工学において、この合成活性とエキソヌクレアーゼ活性を利用し、突出末端から平滑末端へ変換するために用いられる。
 +
 +  *5'​突出末端 → 合成活性によって埋められる(fill-in)
 +  *3'​突出末端 → エキソヌクレアーゼ活性によって削られる。
 +
 +その他の方法として、一本鎖部分をヌクレアーゼで消化する方法がある。(S1 nucleaseなど)
 +
 +
 +======リンク======
 +
 +  *[[末端の平滑化]]
 +  *[[Taq DNAポリメラーゼI]]
 +  *[[Pfu DNAリガーゼ]]
 +
 +======書籍======
 +
 +  *{{amazon>​jp:​4879621498}}
 +  *{{amazon>​jp:​4897068754}}
 +  *{{amazon>​jp:​489706659X}}
 +
 +
 +{{tag>​ポリメラーゼ 平滑 核酸}}