BioWiki

蛍光タンパク質

ページ内容タグ
緑色蛍光タンパク質 (GFP) 緑色蛍光タンパク質 (GFP) GFPは、低温の北太平洋で生息するクラゲから見つかったタンパク質である。GFPはアミノ酸のみから合成され、酸素を使ってタンパク質内で蛍光発色団が形成される。そのため、タンパク質合成できる細胞(すべての細胞)で蛍光マーカーとして研究のための道具としてよく用いられる。