BioWiki

非ステロイド性抗炎症剤

(Anti-Inflammatory Agents, Non-Steroidal)

ステロイド骨格を持たない抗炎症剤。抗炎症作用に加え、鎮痛性・解熱作用・血小板減少性の効果をもつ。慢性の関節炎の痛みや炎症をともなう軟組織の障害の治療に用いられる。

この化合物類は、シクロオキシゲナーゼの活性を阻害することによってプロスタグランジンの合成をブロックする。1)プロスタグランジン合成の阻害は、鎮痛性・解熱作用・血小板減少性の効果が有る。あるNSAID(Anti-Inflammatory Agents, Non-Steroidal Drug)はリポオシゲナーゼ、ホスホリパーゼCを阻害したり、T細胞の機能に変化を与えるらしい。 (AMA Drug Evaluations Annual, 1994, p 1814-5)

MeSH

ページ内容タグ
クルクミン クルクミン Curcuma longaの根から得られるターメリック(Termeric)に含まれる黄橙色の色素。クルクマ紙やボロンの検出に用いられる。クルクミンは薬理的な効果をもち、主として代謝酵素に対する阻害性の効果によるものである。 , , , ,

Links

1)
シクロオキシゲナーゼはアラキドン酸からプロスタグランジンの前駆体であるサイクリックエンドペルオキシドへ変換する