BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

tag:非ステロイド性抗炎症剤 [2013/06/09 10:09] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +======非ステロイド性抗炎症剤======
 +(Anti-Inflammatory Agents, Non-Steroidal)
 +
 +[[ステロイド]]骨格を持たない抗炎症剤。抗炎症作用に加え、鎮痛性・解熱作用・血小板減少性の効果をもつ。慢性の関節炎の痛みや炎症をともなう軟組織の障害の治療に用いられる。
 +
 +この化合物類は、[[:​シクロオキシゲナーゼ]]の活性を阻害することによって[[:​プロスタグランジン]]の合成をブロックする。((シクロオキシゲナーゼは[[:​アラキドン酸]]からプロスタグランジンの前駆体である[[:​サイクリックエンドペルオキシド]]へ変換する))プロスタグランジン合成の阻害は、鎮痛性・解熱作用・血小板減少性の効果が有る。あるNSAID(Anti-Inflammatory Agents, Non-Steroidal Drug)はリポオシゲナーゼ、ホスホリパーゼCを阻害したり、T細胞の機能に変化を与えるらしい。 (AMA Drug Evaluations Annual, 1994, p 1814-5)
 +
 +->​[[meshterm>​Anti-Inflammatory Agents, Non-Steroidal|MeSH]]
 +
 +{{topic>​非ステロイド性抗炎症剤}}
 +
 +======Links======
 +
 +  *[[:​en:​Anti-Inflammatory Agents Non-Steroidal]]
 +