BioWiki

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
te [2013/02/04 04:20]
I.Obataya [調製法]
te [2013/06/09 09:08] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 ======TEバッファー====== ======TEバッファー======
 DNAを保存する際に使う、Tris/​EDTA溶液。EDTAは、エンドヌクレアーゼの補因子である金属イオンをキレートし、DNAの分解を防ぐために添加されている。(->​ [[制限修飾系|制限酵素の補因子]]) DNAを保存する際に使う、Tris/​EDTA溶液。EDTAは、エンドヌクレアーゼの補因子である金属イオンをキレートし、DNAの分解を防ぐために添加されている。(->​ [[制限修飾系|制限酵素の補因子]])
-<​clear/>​+
  
 =====調製法===== =====調製法=====
 {{icon>​flask_large}} {{icon>​flask_large}}
-[[Tris-HClバッファー]]のストック溶液と[[EDTA]]のストック溶液を混合し、<​chem>​H2O</​chem>​を加えて1Lにメスアップ。\\ ​\\ +[[Tris-HClバッファー]]のストック溶液と[[EDTA]]のストック溶液を混合し、<​chem>​H2O</​chem>​を加えて1Lにメスアップ。\\ ​ 
 + 
 ^  ストック ​ ^^ ^  ストック ​ ^^
 |[[Tris|1M Tris-HCl (pH8.0)]]|10 mL| |[[Tris|1M Tris-HCl (pH8.0)]]|10 mL|